ハナ日和 2013年01月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-01-01 (Tue)
2056.jpg


色々と手探り状態で、

良くなっているのかどうなのか、それすら分からないけど、

今年もそんな感じで

「正解」を求めていく年になりそうです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナとの生活 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-02 (Wed)
カメラを見せれば、しっかりカメラ目線だったハナは昔の話
辰の衣装を着せての写真撮影は大変だった。
記憶はあるけど、
やっぱりチャレンジしてしまった年賀はがき用の写真撮影。



朝おきて、撮影開始ではトロ~ンとしているからと思って
ご飯の後にしたら

2058.jpg

すぐに寝てしまう。


ご飯前に玄関から出て撮影を始めても

2059.jpg

やる気ゼロ


頭の上のヘビとハナを写すのは難しく、
ハナがうまく撮れても、ヘビが黄色の怪しい物体にしか見えなかったり、
ヘビがズルズル落ちてきてしまったり・・・
被せるのを諦めたこともありました
2060.jpg

結構撮りましてね、チェックしている時に「これなら・・・」って思ったのが
(多分)これ↓

2057.jpg
(連写していたので、多分としか言えない。)

このカメラを構える飼い主を無視している姿を採用し

2056.jpg
こんな感じの年賀はがきとなりました。

まぁ、辰よりはイイ感じにできたかな。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
blogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナとの生活 | COM(10) | TB(0) |
2013-01-07 (Mon)

熟睡中。



コワクナイ



コワクナイ
| 携帯から | COM(0) | TB(0) |
2013-01-11 (Fri)
朝、気持ちよく寝ているハナに首輪を付け
服を着せ

2061.jpg

それでも
「まだ寝る!」と主張するハナを
飼い主の権限で引っ張り出し


病院へ


毎月の血液検査と

そして

最近発作が多くなったのでフェのバール値の外注をお願いするため。


本日の体重は9.5kg
10kg未満を頑張って維持してます。


アルブミンの数値は

2062.jpg


2.0


下がってるー!!

発作がちと多くなったのはこれが原因かー!!

アルブミンの数値が2.3以上あると発作が少なくて済むのですがねぇ。
ハナの場合はね。


水を結構飲むようになりまして、一応報告しました。

プロテインの量をこれ以上増やしても効果はなさそうなので、
プロテインの量はこのまま。

あとはフェのバール値の結果次第。
こちらは1週間ぐらいかかるそうです。

2063.jpg

病院まで歩いて行って
お疲れのハナ。

午後に1度発作を起こしてからは
爆睡中です。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
blogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナの病院・病気・カラダのこと | COM(0) | TB(0) |
2013-01-11 (Fri)
「発作」「発作」と書いていますが、程度によって症状は様々です。

●寝ている時に足がピクンピクンとします。
 後ろ足がグググーっと持ち上がります。お腹を見せている感じになります。
 ハナは寝たまま。または「これぐらいでは起きたくない」って感じに、寝ようと努力していたりします。
 本人が気にしないと言っているのなら、飼い主も騒ぎません。
 起きていてもこの状態になるときがあります。でも、ハナは気にしていない様子です。

●しっぽを見るような感じでグーっと頭が傾きます。
 本人が自分のしっぽを見たくて頑張っているのなら良いのですが、そんなことはなく発作です。

●最近するようになった発作のパターンで、体が軽く飛ばれているように見えることがあります。
 飛ばされていると言うか、体全体が大きな力で引っ張られているような・・・・。
 グルグルその場で回った後に真っ直ぐ歩けって言われても、ぐわーんと体が傾くでしょ、そんな感じ。
 このパターンだと、横にフラつく分にはまだ良いのですが、後ろに引っ張られる時があり、座りのような感じから前足が上がり、そのまま後ろに倒れます。
 ハナは後ろ足だけで立つことはできませんので、本犬の意思とは関係なく起こっていることとなります。

●夢の中で走っているワンコ状態って時もあります。
 足をバタバタさせている状態です。
 手術前の発作では意識がなくなっていました。
 

 さて怖いのが、呼吸ができなくなる発作です。
 バタバタした発作と同時に、「カッ、クカッ」と音をたてます。
 舌がどんどん白くなっていきます。呼吸ができていないからだとか。
 呼吸ができないのは数秒で終わります。
 
 こちらの対処方法を聞いたら、噛み付かないようだったら、口を開けさせた状態にし、舌を引っ張り機動の確保をするようにと言われました。
 この方法で呼吸ができるようになるのなら、原因が「舌」ってことになります。ちょっと考えたのですが、自律神経などが原因だったら、この方法では厳しいのでは?素人なので、わからないこといっぱいです。
 発作で意識がなくて、呼吸もできない。舌を引っ張っても呼吸が確認できない。次の手段は人工呼吸?
 バタバタしている犬にできるのか? 
 バタバタしていたら胸が膨らむのを確認できるのだろうか・・・・。そもそも人工呼吸したらダメかも?しっかり先生に聞いておかないとなぁ。


にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中

 
 
 
 
 
 
| ハナの病院・病気・カラダのこと | COM(2) | TB(0) |
2013-01-12 (Sat)
日向で気持ちよく寝るハナ


2064.jpg

ホントに気持ちよさそうです。

カメラを構えたら、

2065.jpg

チロリとこちらを確認

でも、すぐに寝ちゃったけどね。

2066.jpg

そんなに寝てないで、飼い主と遊んでよー。

にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナとの生活 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-12 (Sat)
 かかりつけの先生から電話

「昨日、ねーたんに取りに行ってもらったセルシンの代金を間違えちゃったかな?!」とか
「昨日、ねーたんに取りに行ってもらったセルシンの代金を間違えちゃったかな?!」って考えてしまって、
「昨日のセルシン」「ねーたん」「間違い」がぐるぐる頭の中をまわって、挨拶をちゃんとした覚えがない。

 失礼な挨拶をしていないと信じてる・・・・。

 電話の内容は外注でお願いしていたフェノバール値の検査結果のことでした。


 結果は10.6

 低い。

 前回(2012年10月 )が17.8で、その頃は発作の回数がゼロだったり少なかったことを考えると、10.6は低いですね。

 フェノバール朝晩1/2錠だけど、3/4錠に変更
 ほかは変更なし。
 

 薬の量は増えちゃうけど、発作の回数が減るなら・・・・ね。
 
 来月ぐらいにまたフェノバール値を検査かなぁ。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
| ハナの病院・病気・カラダのこと | COM(0) | TB(0) |
2013-01-13 (Sun)
気持ちよく寝ているハナ


2067.jpg

さて

目はどこでしょう?



ハナの右目の位置は、そんなに難しくない

2068.jpg

予想通り。




さて

左目は・・・・

2069.jpg


どこかしら?



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
blogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナとの生活 | COM(3) | TB(0) |
2013-01-14 (Mon)
外は雪。


2070.jpg
撮るのは難しかった

もちろんハナは

2071.jpg

家の中でぬくぬくしてました。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
| ハナとの生活 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-23 (Wed)
最近のハナの写真と言えば

2073.jpg


こんな感じでひざ掛けにくるまっているのがほとんどです


ひざ掛けは「飼い主の愛」からではないのです。


ハナの最近のお昼寝は大きなクッションではなく
とーたんか私の膝の上。

朝ごはんを食べ終わり、出すものを出して、水を飲んだら、
飼い主を探して、お膝の上に強引に登ってお昼寝。
2人とも立っていれば、「座わって」とペロペロして訴えます。

お膝を提供し、ひざ掛けをかけて、
適当になでたりしていると、気持ちよさそうに寝ちゃいます。
こちらもいつまでも座っているわけではないので、
掛けているひざ掛で、テキトーにくるんで、
膝からおろします。

その程度で起きるようなワンコではないので

2072.jpg

ハナはひざ掛けにくるまったまま寝ることに。


ひざ掛けにくるまっているのは
飼い主が「重いから」とか「用があるから」と言って
コロンとおろしただけ。


まぁ、そこでひとりで寝ててね


そんな感じだったりします。



この状態から起きると、
水飲んで、
再びお膝探しが始まります。


そして

やっぱり


2074.jpg

コロン・・・・です。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

| ハナとの生活 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-25 (Fri)
好奇心のままに
色んなものをやってきました


おそろしいことに

新しいことに挑戦しちゃいました。




2075.jpg
パグのつもり

樹脂粘土です。


とーっても久しぶりの粘土遊びをしました。


2076.jpg

どんどん固くなっていくので思っていたより大変。


頑張ってパグの帯留めを作りたい。


にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナとの生活 | COM(4) | TB(0) |
2013-01-30 (Wed)
 ハナは朝晩薬を飲み、発作が起きれば薬を飲む生活をしています。
 
 ドッグフードにポイッといれておけば、フードと一緒に食べてしまうので問題なし!って言うワンちゃんがいますが、ハナは違います。
 何回かはそれで大丈夫でしたが、ホントに数回だけ。

 フィラリアの予防薬はチュアブルタイプを使っているので大好きです。
 全ての薬がチュアブルタイプも用意されていたら、薬をあげるのが楽なのですが・・・。
 
 私は薬に関しては素人ですので、素人なりの考えです。間違っていたらご連絡をお願いします。

 ハナの大好きなチュアブルは除外して、錠剤は糖衣錠だったりフィルムコーティング錠などがあります。
 糖衣錠・フィルムコーティング錠は薬が苦かったり臭があったりで、そのままでは飲みにくいのでコーティングされています。
 さてさて、人間なら1錠を水でごくんと飲んでしまえば、苦味が口の中に広がることはないでしょう。
 でも、ワンコに処方される薬は、人間用のを体重に合わせて割ってあったりしますよね?断面はコーティングされていません。そんなのを口の中に入れたら苦いだけです。
 割っていなくても、ワンコが薬を噛んでしまったら、やっぱり苦味が口の中に広がるのでは?
 苦くても人間なら「薬」ってわかっているけど、ワンコに理解しろとは無理。
 1度、苦いと体験してしまったワンコは、薬を避けてしまうでしょうね。仕方のないことです。

 薬を飲ませるためには色々やりました。ちと紹介しますね。

 フードにポイッと薬をいれると、そのまま食べてくれる。そんな素敵なワンコはそのままの方法で問題ありませんよ。

 「おくすりちょーだい」やコング用のペーストを使う。
 ・薬をペーストなどで包んだものをあげる。
  糖衣錠などと変わりませんが、犬用のペーストで包んでいますので、
  ワンコが嬉しくて興奮して勢いで食べてしまうのが狙いです。
  問題として、薬が入っていることがバレる日がそのうちきます。  

 ちょっと手を加えて
 おやつの中にいれてしまう方法
ハナはバナナが大好きなので、バナナチップで挟んだりしました。
 準備するのはバナナチップと「おくすりちょーだい」
 似たもので犬用のおふやパンに入れる方法。
 これの問題は中に入れたり、挟んだりするので、ある程度の大きさになってしまうこと。
 大型犬ならパクッと言ってくれると思いますけど。
 あと、パンをくり抜き、ペーストを入れてと準備が大変だったります。 
 
 
  粒だとバレてしまうので、
  錠剤を砕き、粉末にしてウエットタイプのフード等に混ぜる方法。
 準備するのは缶詰(とろとろしているもの)やドッグフードのトッピング用のとろとろのしたもの。
 ・まず、ごはんをあげる器で錠剤を砕きます。
  錠剤がつるんと滑って飛んでいくこともあるので、気をつけましょう。
 ・フィルムコーティングされているものはフィルムが残りますがキニシナイ。
 ・粉になったところに、ウエットタイプのフード少量やトロトロのトッピングをいれて混ぜます。
 ・特別に美味しいものを特別にあげるような気分で、ワンコにあげます。
 ・薬が混ざったものを食べ終わっても、器は洗わずに、通常のごはんを入れます。
 ・普通にごはんをあげるように普通にあげてください。
*ご飯の後だと、残してしまう可能性があるので、ご飯の前にお薬を混ぜたものをあげてください。
*たとえ、薬が混ざっているものをきれいに食べたとしても、粉末にした薬が微妙に残っている可能性があるので、器をなめてもらうためにも、そのまま通常のご飯をあげてください。
 缶詰選びに悩んだりしました。
 この方法でしか薬を受け付けないと、ハナの用に発作時には与えることができません。
 とにかく薬を砕いて砕いて粉末にしないと、粒が残っていた場合、運が悪いとバレてしまいます。
 慣れてくると、「美味しい中に薬がある」とバレることがあります。
 

 誤魔化す方法はこんな感じでしょうか。
 長くなったので2回に分けますね。

*錠剤は砕いても大丈夫か、何かと混ぜて大丈夫か先生に聞いてください。

薬の飲ませ方 その2
  

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
| ハナとの生活 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-30 (Wed)
前回はバレないように飲ませる方法でしたが、


 長期だとバレます


 薬は薬としてごまかさず飲ませる。
 最終的にはここに来ちゃいました。


 「犬 薬の飲ませ方」なんて検索した方も多いと思います。
 マズルを掴んでいる写真をみて「パグはどーするんだよぉ」って思いますよね?

 
 ハナに飲ませる方法は
 説明が難しいので、写真を使います。
 実際に薬をあげるときは、抱っこをしています。

 ハナの上あごと下顎はこんな感じになるのかな? 
2078.jpg
  素人なのでこんなだろうって感覚で描きました。

 ハナの場合は目よりちょっと耳側のところをすっと顎におろしたあたり
2080.jpg
大体丸がついているところ(左右)を人差し指と親指でぐっと押します。
2081.jpg
青の怪しい形が指です。
 上あごからちょっと滑る感じで下顎との間に指がきて、そのままぐっと押すと口が開きます。
 頬が内側に押されている状態になります。
 口があいたら、薬を奥に入れ、口をとじます。
 やや上を向かせるようにし、下顎を押さえれば口を開けることは多分ないと思います。
 下顎を喉の方になでなで。
 素人で勝手な思い込みですが、刺激されて唾液がでるはずなので、唾液と共にごくんと飲んでもらうのが狙いです。
 ごくんと言ったら開放してすぐにおやつなりフードを上げて終わりです。

 希に歯茎と頬(?)の間に入っていて、あとからポロリってことがありますので、食べ終わったら口の中をチェック。または上の歯・歯茎あたりを頬(?)の上から触ってチェックです。

 
 この方法だとハナが発作中でも大丈夫。
 
 リラックスしているときに口を簡単に開けてくれるポイントを探しておくと楽ですよ。

 
 

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
| ハナとの生活 | COM(4) | TB(0) |
2013-01-31 (Thu)
膝の上で寝ていたのですが、長くなって寝たいと言うので
そのままコロンとホットカーペットの上に。

2082.jpg
*寒くなかったので、ひざ掛けはナシ

立派な肥満犬

フードを減らすことやダイエットタイプに変更はできない。
人間用のプロテインを追加しているほどだしねぇ。

遊ぶことはできないし、

お散歩は嫌い。
夜中とかに発作を起こしちゃうと、
朝、たたき起こしてお散歩はかわいそうだから、
そんな日はお散歩中止。

どーにもならない肥満犬です。


2083.jpg

口の中に収納できない舌。

押し込んでも出てきちゃう。


2084.jpg

やっぱり、寝顔は

こわい


いえいえ・・・かわい・・い・・。


にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中
| ハナとの生活 | COM(4) | TB(0) |