ハナ日和 2015年02月
12345678910111213141516171819202122232425262728
2015-02-07 (Sat)
急に試してみたくなるってことありますよね。

最近、レジンが楽しいです。
前にもちょこっと好奇心を抑えられずに試したのですが、
うまくできずに、それで終了していました。

今回は手芸店でボタンの型を発見したのがきっかけです。


完成したボタン



いきなりボタンにチャレンジするのは、少々こわかったので、
ねーたんにアリスのものをポツポツ作ってから。

それから、空枠で作り・・・



ボタンを作って、
ソフトタイプのレジンも試したくて



こんなのも作っちゃいました。
これは穴を開けてストラップあたりになる予定。

レジン熱がさめないうちに、買った材料を消費しなくては!!

にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中
| 犬グッズ・犬用品 | COM(0) | TB(0) |
2015-02-20 (Fri)



楽しくなってきてしまって
色々とパーツを買ったりしちゃってます。




まだまだ納得できるものはできず・・・・



色々とたまってきてます。


にほんブログ村 犬ブログ パグへblogram投票ボタンランキングに参加中
| ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2015-02-21 (Sat)
 2月13日に毎月の医療センターに行きました。
超えないと思っていたアルブミンの数値が1.6
0.1しか上がっていませんが、ずっと1.5以下だったので、ちょっとうれしかったです。
まだまだ全然低すぎますけどね。




 薬を飲ませると20分ぐらいすると稀に吐いちゃっていたんです。
 毎回じゃないから薬とは断定できないけど、原因の確立は十分に考えらる回数です。
 そちらも伝えたところ、ちと量を増やした臭化カリウムが吐き気を誘発している可能性があるとのこと。
 吐き気止めを使う方法もあるけど、効果は不明。
 とりあえず、もう少しがんばってみましょうってことになりました。
 臭化カリウムに慣れたのか・・・・最近は吐かなくなりました。

 呼吸をするときに何かが絡んだような音がしていて、先生が気になってレントゲンをとったところ、
 左肺の前側の一部が白くなっていました。
 たまたま脂肪がそこによってしまっているのか、肺炎なのかってことを断定するためにはもっと検査が必要。
 で、レントゲンをとって分かったことは、気管が細い。
 そして軟口蓋(なんこうがい)が下がってる?とかで、
 その先に痰やら何やらがあると、何かが絡んだような音の呼吸になると。
 治すには手術が絡んでくることなのですが、先生はガンガン勧めません。
 そりゃーそうよね。
 もし仮に、ハナに手術をガンガン勧めて、
「手術するのが当然ですよ!!フン!!」なんて医者がいたら
「アンタ、教科書以外知らんのか!」って怒鳴るね。

もちろん担当の先生はそんなことしません。

確かに寝ているときに呼吸が止まっちゃうのは心配だけど、今のハナに手術なんてハードルが高すぎる。
簡単だとしても、レントゲン撮っただけで、しばらく下痢だの食欲ゼロだのって大変なんだから!!
手術なんてしたら、食欲なくなってアルブミンが1.2ぐらいまで下がってしまう!

 単に軟口蓋の事情だけなら、手術をお願いするんだけどねぇ。
 抱えているモノが半端なく大きくて重すぎる。


 耳の方は私からのお願いで、毎日細いシリンジで洗浄することになりました。
 こちらの方法が断然楽なんですよ。

ハナは嫌がりますけどね。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
| ハナの病院・病気・カラダのこと | COM(1) | TB(0) |
2015-02-26 (Thu)
10時過ぎに静かに長い眠りにつきました

| 未分類 |
2015-02-26 (Thu)
 昨日の夜7時ぐらいから呼吸の音が怪しくなりました。
 8時ごろにはやや落ち着き、とーたんが徹夜で付合い、今朝も怪しくも穏やかな呼吸の音でした。
 ミニバギーに乗せ、病院に連れて行ったときには、心臓も呼吸も止まっていました。

 「もっと早く来ても、注射等で痛いだけで状況は変わらなかったと思いますよ」と言われ、病院嫌いのハナなりにギリギリまでがんばったのでしょう。
 昨日のうちに病院に連れて行けば、入院だったでしょう。もっと早ければ最後に痛いことが待っていたのでしょう。

 ねーたんの高校受験が終わって、家の中が「ホッ」とした空気で満たされて、安心して逝ってしまったのかもしれません。
 朝までがんばって、ねーたんの登校を肌で感じていたと思います。
 徹夜をしたとーたんに感謝の気持ちを伝えるために、朝までがんばったのかもしれません。
 バタバタと病院に行く支度をする音を聞きながら、「私はもういいよ」って思ったのかもしれません。

 病院で辛い状況だったら、かーたんが「安楽死」を考え、葛藤したでしょう。どちらの選択でも後悔するのを防いでくれたのかもしれません。
 優しいコです。

 ハナはきっと短命だから・・・・そんな思いから、最近はおいしいものを少しづつ食べていました。
 昨日は何も食べられなかったけど、一昨日はプリン。その前は生クリームつきのバナナ。

生クリームとハナ

 ヨーグルトのふたも「ふたは仕方ないよね」って言葉とともに、ペロペロ。
 「遊ぶ」と言う高度なことができなくなったハナには、楽しい時間だったと信じています。
 
 4年も心の準備をする時間をハナは用意してくれたけど、分かってはいたけど、涙が止まりません。


うとうとするハナ
 

 ハナ・飼い主はたくさんの方々に色々とお世話になりました。
 とても感謝しております。ありがとうございました。




にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
| 未分類 | COM(5) | TB(0) |